「透明人間になったら殺人したい」と卒業文集に書くPTSD解離児童たち

岐阜県関市の
市立小学校の
卒業文集で
「透明人間になったら何をしたいか」
との質問に対し
児童7人が
「人を殺す」や
「強盗する」など
不適切な内容の回答を
寄せていました。
保護者の指摘を受け
文集をあわてて回収
問題の部分を差し替えて
再配布したそうです。
★人を傷つけたり
悲しませるようなことは
書かないよう事前に注意
 ―「書いちゃいけない」というのは
 また問題ですね。
 無意識にそういう願望を持つような
 トラウマがあるのだから
 (発達障害ではないです)
 
 普通の先生なら
 上手に対応したでしょう。
★最終確認を怠る
 ―子どもは何をするか
 わからないので
 (個人的なサイン帳にはめちゃくちゃ書いても
 文集はお利口なこと書いてたものですが)
 チェックしないのは
 問題ですね。
 センセイは忙しすぎるのでしょう。
こころのケア教育をする前に
先生への
PTSD教育が必要ですね。
臨床心理士でも
わかってないのだから
無理はないかなあせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です