元KGBトップがPTSD解離自殺 クーデター後遺症?

1991年の
ソ連保守派による
クーデター未遂事件直後に
ソ連国家保安委員会
(KGB)議長代行を
一時的に務めた
レオニード・シェバルシン氏が
モスクワ市内の自宅で
死亡していて
遺体の近くに
拳銃や遺書がありました。
$PTSD研究家翠雨の日記コクリコ坂から
紛争の後遺症は
長く続きますね。
せめて
新しい紛争を起こさないように
 ―つまらぬ【解離】をせず
 非暴力の精神を学ぶことです。
紛争に参加させられた人たちに
 ―アフリカの子ども兵とか
PTSD予防することでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です