『ポイズン・ママ』を書かねば断ち切れなかったPTSD性虐待記憶

$PTSD研究家翠雨の日記
昭和の大女優ですが
一人娘から見れば
「母親失格」であると
敢えて書かねばならないほどの   ☚PTSD予防
トラウマがあるようです。
餓死寸前にまで
追い込むような
ネグレクトは
接し方以前の問題ですし
 ―大阪二児遺棄死の予備軍は
 案外たくさんいるようですね。
恋愛依存症や
宗教への傾倒
事業の失敗など
未治療のPTSD解離人格の行動を
見せられるのは
虐待でしょう。
 ―人格形成のモデルですからね。
心を痛めつけられても
距離をとれず
苦しんだ
40年は地獄ですよね。
確かに
著者も母親も
表情が硬いです。
 ―著者には関係ないことですが
 母親にもトラウマがあるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です