児童精神科のある時代だから大田区で中3男子がPTSD解離性飛び降り自殺

午前7時15分ごろ
東京都大田区で
中学3年の少年(14)が
自宅マンションから
飛び降り死亡しました。
14歳でも
相当な悩みや苦しみを
抱えることは
昔からあったと思います。
飛び降りてしまう子が
増えたことが問題です。
PTSDで
解離する子が
増えているということでしょう。
昔はなかった
児童精神科の
ある時代
14歳なら
精神科に罹って
薬を飲んで
依存症になっている可能性も
充分考えられます。
PTSD否認したままでは
もはやどうしようもない時代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です