落語の長屋みたいな環境でフツーにPTSD克服した桂三枝

昨日の話だけで
大分トラウマティックですが
 ―お父さんの記憶がなく
 お母さんと離れ離れで生活
 焼け出されたトラウマ
$PTSD研究家翠雨の日記
お母さんに
再婚話が持ち上がって
三枝さんが反対したので
籍は入れず
3人で住んでいたそうです。
そういうことで
非行に走ることがあるとか
 ―こころが傷ついて
 解離行動するんですから
 PTSDってことですよね。
自殺未遂も
同じような問題だとか
フツーに書かれてます。
 ―朝日新聞ですがね。
 昔は
 子どもでも
 感覚的に知ってた世界ですよね。
でも
ごく最近の現実は
(ニュースの通り)
お話にならないくらい
ショッキングだから
ジブリのアリエッティの翔くんとか
落語とか
PTSD研究家翠雨の日記ショックで驚愕した女性
PTSD研究家翠雨の日記解離王?
ノスタルジーくらいで
学ぶのが
ちょうどよいのでしょうかね。
普通の人たちが
PTSD克服を支えるのは
普遍的ですけどね。
 ―精神病院は
 三枝さんの言う
 非行少年や
 ヤクザの世界と同等で
 普通はそこには
 走らなかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です