手塚治虫流PTSD否認うつ病&発達障害でっちあげ社会への処方箋

$PTSD研究家翠雨の日記
手塚漫画のルーツですかね。
軽薄な蘭方医である祖父と
 ―でも救命に奔走してます。
生真面目な武士が
 ―真面目だから憂いが生まれます。
ぶつかりながら
助け合います。
問題を打破するには
フットワークが軽いのがよいのか
生真面目なのがよいのか
 ―二元論とか
 どちらにもいい顔する   ☚結局二元論
 風見鶏じゃだめで
【一太極二陰陽】が
基本です。
$PTSD研究家翠雨の日記三つ目がとおる
2ではなく3を通すことですね。
庭の老木を
時世に喩えるのは
箱庭療法や
ののちゃんのおばあちゃんたちの
集団PTSD予防の手法と
重なります。
$PTSD研究家翠雨の日記
タイトルの「陽だまり」は
陰陽の陽ですね。
現実の問題を扱うのは
抵抗がある人が多いから
時代劇にするのでしょう。
 
こういう問題は
普遍的であり
 ―神話の力と言います。
今が動乱の時代であることは
間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です