愛子さまPTSD治療に専念の雅子さまには静養必要と医師団

宮内庁の
小町恭士東宮大夫は
皇太子妃雅子さまが
「お疲れがたまり
体調が崩れやすい状態にある」とする
医師団の見解を        
明らかにしました。
 ―原因は
 昨年11月まで
 愛子さまの登校に付き添い
 通学問題に
 心を砕いたことなど    ☚ストレス性
 命懸けで生まれたお子さんが
 瀕死の状態であったのは
 大変な哀しみです。
 ご自分が死に直面するのと
 同じ驚愕だったでしょう。
 治療中は
 日本中から大バッシングですしね。   ☚二次被害
引き続き
静養を中心に生活
私的なことから
徐々に活動の幅を広げられる
方針
とのことです。
 ―原因もあるし
 ストレスだし
 新型うつ病性わがままではないのです。
愛子さまには
雅子さまがいたけど
雅子さまには
誰もいないので
引き続き
自力で克服中ということでしょう。
 ―医師団は
 手を引き
 伴走する立場になったみたいですね。
 「体調の波がある」と言うのは
 薬害でなければよいですが
 世相の鑑なので
 わかりません。
リカちゃんも
ストレスを与えるような
上から目線的なことは
もう何も言わないほうが
身のためでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です