沢尻エリカ『問題のない私たち』の描くPTSD解離性集団ヒステリーとしてのイジメ

$PTSD研究家翠雨の日記GYAO!で無料配信中
2001年に
10代が書いて
 ―中学3年生
2004年
10代が演じました。
煽られやすく
場の雰囲気に左右されてしまい
 ―終盤ヒロインが
 みんなに指摘
いじめに加担してしまう
集団ヒステリーの本質を
つかんでいます。
 ―登場人物全員が
 左利きなんてのも
 なかなか凄いあせる
しかし
母親を知らない寂しさで   ☚アリエッティの翔くん
イジメを始め       ☚翔くんは心臓が悪くなった
 ―それを
 担任が勘違いで   ☚二重に腹が立つ
 「片親だから」と  ☚気にしているから図星
 指摘するから
 逆ギレし
 ワナにかけられて絶望しますが
 どん底の時
 「百尺竿頭一歩」を    ☚ポニョの精神
 みんなに勧められ
 実行した時
 みんなに助けられます。 
いじめられる立場で
苦しみが増した時には
父親の再婚にショックを受けるなど  
機能不全家族性PTSDが
描かれたり
 ―あまりに強烈で
 クラスメイトが被曝した。
先生が
PTSD解離性万引きをしたり
 ―凄い強い不安を
 ぎゅーっと抑圧した
 緊張感が漂います。
 確かにこういうセンセイいます。
今の時代そのものだなぁと
思います。
$PTSD研究家翠雨の日記
専門家までが
これを「フツー」と言ったままですね。
 ―リスカの感染を
 フツーと片付けるなんてね。
こんなのでスクールカウンセリングしてもね。
 ―アサーションくらいしか
 教えないしね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です