「爆弾しかけた」と大学入学式中止させるPTSD解離人格的勘違い

栃木県の
宇都宮大学の
入学式が行われていた会場に
「爆弾を仕掛けた」といった
内容の
電話があり
警察が
2000人あまりを避難させ
入学式が中止となる騒ぎがありました。
 ―テロ事件を連想させますから
 心身に不調を起こした人も
 いるでしょう。
 PTSD学習としては
 強烈すぎますね。
 しかし
 起こってしまったものについては
 有効利用しなければなりません。
 謎が解けたとき
 苦痛は消えます。
ここまでくると
威力業務妨害になり
犯罪ですが
一歩手前の脅しは
世の中にあふれてますね。
金銭目的ではなく
自分の存在確認が
 ―世の中に影響が与えらえる。
 勘違いだし
 卑怯ですが
 それがわからない
 ビョーキですね。
目的です。
それだけ
存在不安が大きいのでしょう。
不安と神経症の時代は    ☚ジブリ流
PTSDの時代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です