青森精神科閉鎖病棟入院患者さん惨殺のミステリーがPTSD否認社会の鍵になるかも

今朝流れた
青森市三内の病院は
精神科病院
「県立つくしが丘病院」
死亡した
入院患者の男性(52)は
2007年から入院の
精神科の患者さんで
3カ所の病棟入り口が
二重に施錠された
閉鎖病棟で
殺害されました。
鍵を持つ職員以外は
出入りできないそうです。
内部か刺客か?
自殺か?
 ―普通はこんな自殺
 ありえないですが    ☚苦しすぎる
 【解離】してたら
 できるかもしれないですね。
死因を
司法解剖して
 ―薬はたんまり出てくるでしょうね。
裁判所に提出できないものが
出てきたらどうしましょう!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です