コシノヒロコさんにもPTSDという天災は忘れた頃にやってきた

コシノヒロコさん(75)は
1982年
パリコレに初参加しますが
日本が元気な頃ですから
 ―侵略的に感じられ
警戒され
随分いじわるをされたようです。
 ―お客さんを運ぶバスを
 素通りさせたりあせる
$PTSD研究家翠雨の日記
そして
天災は忘れた頃に
やってくるんですね。
 ―古事記のスサノヲもそうです。
フランス語が引き金になり
その人らしい場所に    ☚皮膚感覚
そのひとらしい感じで
症状が出るようです。
戦闘態勢の後は
要注意
です。
戦争はなくても
戦闘態勢はありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です