青森つくしが丘病院閉鎖病棟の患者による患者殺人事件黒幕はPTSD?

県立つくしが丘病院
(青森市三内)の
精神科病棟に入院していた
男性患者(52)が
8日夜に
他殺体で見つかった事件で
 ―収容施設内の事件も
 増えてきてますね。
10日
同じ部屋の
 ― 4人部屋
  1人は目撃していたことになります。
  こころのケアが必要でしょう。
入院患者である
40歳代と50歳代の
男2人が
逮捕されていました。
2人とも
症状が安定
しており目
閉鎖病棟に入れるほどではないと
判断されていて
 ―犯行を認め
 「頭は椅子でなぐった」とか
 きちんと説明してますが
 責任能力がないのでしょうか?
「突発的で、不可抗力だった」が
 ―薬物効果があるように見えて
 急変するんですね。
 しかも二人一緒に!   ☚二人精神病はヒステリー
              
「警察の捜査で
トラブルの原因を見逃していたことが
明らかになれば
改善の余地はある」
そうですから
 ―原因追求を
 丸投げしてます。
見立ての間違いなど
指摘できたら
よいのではないかと
思います。
$PTSD研究家翠雨の日記
ホントですね。
 ―統合失調症とか
 躁鬱かもしれないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です