10年前の「生死をさまよう」バイク事故がてんかん発作と祇園PTSD解離暴走の原因

いろいろと情報が集まってきてますが
言語障害が起こるような
 ―4.5年のリハビリで解決するような
 重度のもの
驚愕を経験し
生死をさまよったなら
PTSDしかないですよね。
トラウマが暴れて
てんかん発作くらい起こすのは
ドストエフスキーの時代からの
常識です。
無理に発達障害にでっちあげられた子も
魂の叫びから
熱性けいれんを起こし
それでも伝わらねば
てんかん発作調のものを
起こします。
検査や治療で
強い薬を飲まされたり
しているうちに
脳内で大混乱が起き
女性のように優しく
おとなしかった容疑者(30)のように
突然
無意識的暴走をしてしまう
可能性が出てくるでしょう。
父親は
「秋葉原の事件とは違う。
そんな子じゃない」と
絞り出すように訴えていますが
 ―JR宝塚線の事故は
 双方の中間くらいかな?
それでは
加藤被告が気の毒です。
 ―てんかんが差別されてはいけないように
 PTSD同士で差別しては不毛です。
レヴェルが違うだけで
意識が飛ばされ
【解離】行動をしたメカニズムは
同じです。
誰でもこうなる可能性がありますから
交通事故に遭ったら
PTSD予防しないとダメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です