13歳が監禁されソープランドで働く兵庫県こころのケアセンターのPTSD研究の実態

神戸で
44歳の経営者が逮捕されました。
 ―こういうことができるのは
 PTSD解離人格です。
少女は
遊ぶお金が欲しかったと言いますが
いろんな感覚を
徹底的に麻痺させた
心理状態は異常です。
PTSDで【解離】していると
思われます。
そこまでして
遊ばねばならないのは
こころがひどく傷つき
癒しを求めているからでしょう。
 ―健康な人の求める癒しではありません。
 激痛への鎮静剤や麻酔のように
 必要なものです。
 甘えではありません。
兵庫県は
他県の鏡になる
スクールカウンセラー制度があったはずですし
こころのケアセンターもあります。
遊戯療法
(プレイセラピー)などで
対応されていることが
期待されますが
実態は
うつ病や発達障害の
薬物治療しかないのでしょうね。
 ―神戸の震災のときも
 東日本大震災でも
 薬への抵抗感を    ☚まともな感覚
 知恵を絞って
 破壊した実績があります。  ☚騙し
最近の薬とその使われ方の
破壊力は
普通の感覚があれば
わかりますから
 ―自殺者増加 
 おかしな事件増加
究極の選択として
ふらふらと迷い込んだのでしょう。
こころのケアの実際の酷さを
告発していると
受け取るべきです。
 ―無意識ですがね。
少女にはPTSD治療が必要ですが
神戸じゃどうしようもないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です