過去のトラウマからひたすら逃げようとした大分2歳児殺害PTSD解離母に懲役2年求刑

大分県日出町で
昨年9月
江本琴音ちゃん(当時2)が
行方不明になり
白骨化して見つかった事件で
死体遺棄罪に問われた
母親(35)の
初公判で
検察側は
懲役2年を求刑しました。
遺体を自宅から雑木林まで
車で運び
遺棄し
「スーパー駐車場に止めた車に
琴音ちゃんを残して買い物に行き
約5分後に戻ったら、いなくなった」と
110番
しばらくは
警察とのやりとりにも耐えてます。
普通に動転してたら
ここまではできないですね。
しかし
殺害するときには
物凄く動転してたんですよね。
$PTSD研究家翠雨の日記陰陽
 ―祇園の暴走容疑者にように
 (生死をさまよいやっと帰還した)
 何らかの恐ろしい記憶から
 逃げたかった
ので殺害し
 その記憶もまた
 封印しようとしただけ
 ただただ逃げたかっただけなんですよね。
二重人格のようにも
演技人格のようにも
ただの嘘つきのようにも
見えますが
PTSD解離人格です。
こうなる前に
PTSD予防です。
 ―薬は使いません。
 頭をつかいます。
 サルじゃないのでニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です