野田聖子・『積木くずし』ビッグダディ・青木家代理ミュンヒハウゼン症候群のPTSD解離性毒親たち

ミュンヒハウゼン症候群
(Münchhausen syndrome)
周囲の関心や同情を引くために
病気を装ったり
自らの体を傷付けたりするといった行動
 ―「ほら吹き男爵」の異名を持った   ☚解離性嘘つきで自覚なし
 ドイツ貴族ミュンヒハウゼン男爵に
 ちなんで命名
近親者
(母親の子供に対するケースが多いが
配偶者などのケースもある)を
病気にでっちあげるのは
代理ミュンヒハウゼン症候群
 ―でっちあげ発達障害親や
 でっちあげ新型うつ病精神科医は
 ニュー・バージョン目
 子どもが可哀想だから
 療育手帳取らせますとか   ☚障害児あつかい
 自殺対策に貢献してるとか  ☚うつ病あつかい
 大ぼら吹きます。
虐待死した
児童の4.5%は
代理ミュンヒハウゼン症候群という
データもありますが
予備軍も含めると
相当多いでしょう。
 ―子沢山で大変だけど
 頑張って育ててますって
 子沢山は子どものせいですか?
PTSD解離毒親ですから
バレると
「それがどーした」
「わかってたよ」
「あんたに何がわかる」
「勝手に言っとけばぁ」と
豹変します。
 ―演技性人格障害ですね。
ひたすら認知症世界に
解離性遁走する人もいますがね。
$PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です