亀岡暴走事件のPTSD予防を阻害する迷いも陰陽五行説で解決

教育長は
「子どもがつらい思いをしている。
残念でならない。
精いっぱい
ケアしたい」
普通なら
こころのケアと書くべきですが
浸透しないうちに
 ―公衆衛生のセンセイでも
 「えっ?それなんですか?」と言うのに
 愕然とした。
 関西人なので
 否認が入ってる気もするが…。
イメージがサイアクになってますからね。
 ―精神科につなぐのが親切という
 意味に変貌
 本来は自己治癒力が働くような支援でした。
 薬は自己治癒力を破壊します。
そして
集団登校についても
指示が出せないと
お悩みです。
子どもを狙うのは
PTSD解離犯罪ですが
不審者タイプなら
集団行動が安全ですし
車で暴走してくるタイプなら
危険です。
 ―標的になります。
$PTSD研究家翠雨の日記
こころのケア(太極)として
考えないと
何も始まりません。
日本人の無意識は
これで出来てるんですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です