東日本大震災医療チームにPTSD確認されたとアメリカには一応言っとかなきゃね

東日本大震災後の
昨年3月に
負傷者の手当てや搬送などに
従事した
国の災害派遣医療チーム(DMAT)
約170人を対象とする調査で
現場で
感情的に取り乱したことを
恥じたり
翌4月時点で
1日4時間以上も
震災関連のテレビ番組を見ていたりした
隊員は
心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状が
強かったことが分かりました。
 ―うつ病の症状が強いじゃ
 馬鹿にされるからねニコニコ
国立病院機構災害医療センター
(東京都立川市)の精神科医師らが
25日付の
米科学誌プロス・ワンに発表したそうです。
現場で取り乱したり
震災番組を見続けたりした場合は
PTSD症状が強くなると
周知されれば

隊員本人が早く気付いて受診できる」と
話していますが
国内で
受診したら
うつ病に変わるんですよね。
$PTSD研究家翠雨の日記
被災地はまだ
PTSD予防段階にもないと言う
心理臨床学会は
どうしますかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です