日常にある芸術表現がPTSD社会を普通に予防する

シャンパンを飲みたくて
 ―スパークリング・ワインですが
軽食を取りました。
最後に
アイスクリームとプリンと木の実が食べたいと
思いましたが
3種類になるので
ちょっと無理です。
メニューという
定型はあるのですが
わがままですから
一応聞いてみます。
 ―無理強いは絶対しません。
 
 私のアフリカ学のセンセイは
 こういうお店でも
 「おかきをもってこい!
 そういう頭の固いことではイカンむかっ」って
 
 アルバイトの店員さんをいじめてましたが
 罰なのか
 PTSD死しました。
 アフリカにまで行かされるのは
 (私もですがあせる
 
 大分精神病んでます。
 帰宅して
 ぬかづけだの生野菜だの
 魂のメンテナンスのために
 自己責任で食べればよいのですよね。
 
「いいですよー」と出てきたのがコレ
$PTSD研究家翠雨の日記
「写真とってもいいですかぁ?」  ☚記録魔
「そんな…(いいですけど)」
謙虚な人は
商売もうまくいくと思います。
対人関係の中で生まれる
 ―私の風貌や言動から
 臨機応変に
 相互によい接点を求めるのが
 傾聴
芸術だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です