無差別殺人の連鎖 千葉でも児童の列に20歳のPTSD解離運転手の車

7時35分ごろ
千葉県館山市の
県道沿いの路線バス停留所で
バスを待っていた
小学校の児童4人の列と
見送りの保護者2人に
軽乗用車が突っ込み
最前列で待っていた
近くの小学1年
山田晃正(6)が
車の下に巻き込まれ
死亡
母親もけがをしました。
アルバイトの男性(20)は

「仕事のことを考え
ぼーっとしていた」

解離してますね。
連続無差別殺人事件
 ― 無意識ですが
   連鎖してます。
PTSD予防をしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です