7年前の揺さぶられ症候群証明した医師たちとPTSD解離性毒親が見抜けない児童相談所

大阪府豊中市のアパートで
2005年9月
生後3カ月の男児を揺さぶって
脳に損傷を負わせた
 ―重度の後遺症が残り
 施設で保護されている。
男児の母親と同居の
防水工(37)が
逮捕されました。
府池田子ども家庭センター
(児童相談所)にも報告されましたが
男児の体には外傷がないとのことで   ☚心的外傷を知らないから!
捜査は難航

事件当時は
「揺さぶられ症候群」の
見極めは難しかったそうですが
府警が鑑定を依頼した
複数の医師から
所見が得られ
逮捕に踏み切ったそうです。
脳外科でしょうが
進歩し
活躍し
小児虐待対策に
貢献してますね。
この児童相談所
 ―児童虐待通報所なら
 警察や府でもいいし
 今回は3箇所で情報共有したのだから
要らないんじゃないですか。
心理的に関われないことを
【否認】するのをやめることです。
 ―血税浪費の
 ただの嘘つき集団じゃないですか!
クライエント中心にならねば
真の解決がないことを
発見した
ロジャーズに学ぶべきです。
 ―かたちだけじゃダメですがね。
  カウンセリングマインドという
 言葉が流行った当時の二の舞です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です