児童精神科育ちの子は自分の子を胎内PTSDにする毒親型負の連鎖

$PTSD研究家翠雨の日記
この本には
母親が
麻薬中毒で
胎内で酔っ払わせられるという
虐待を受けて生まれてくる
子どものことも書いてますが
 ―そしてそのトラウマが
 胎児を犯罪者に走らせるのです。
 誰のせいですか?
CNNによれば
最近は
オビオイドという鎮痛薬で
新生児が
薬物離脱症候群なのだそうです。
あまりの急増に
専門家も目を見開いています。
低所得層で
大量に使ってPTSD自己処方する人が
多いのも
背景にあるようですが
よく効く鎮痛薬ということで
人気があるそうです。
 ―術後に痛みがないはずの手術でも
 オビオイドを使った人は
 術後一年後も所望することが
 多いというデータもあります。
 
 依存症ですね。
日本では
40年ほど前
睡眠薬サリドマイド事件があり
世界を震撼させましたが
無反省にも
今は
妊婦なのに
精神科に罹っています。
胎児に外傷はなくても
心的外傷はあるでしょうね。
 ―目に見えないし
  
 発症したPTSDでも
 スルーされるのだから
 (うつ病扱いとか)
 悲惨ですね。
親が子を児童精神科にやれば
その子は
自分の子を
胎児PTSDにするという
PTSD負の連鎖です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です