『かいじゅうたちのいるところ』の絵本作家PTSD性心身症で死去

$PTSD研究家翠雨の日記モーリス・センダックさん
子どもの
怒りや哀しみなんかを
描いた方ですね。
8日
83歳で
脳卒中の後遺症で
亡くなられたそうです。
子どもの怒りが
分かりすぎて
脳血管を直撃しちゃうほど
だったのかも
しれないですね。
 ―頭に来る人と
 こころに来る人がいるみたいですね。
 私はこころかな。
 (あたまは弱いからあせる
 
 心臓に気をつけなきゃ。
それなら
PTSD性心身症ですね。
その結果としての
器質的疾患による死で
83歳だけど
老衰じゃないですね。
 ―でも表現しなかったら
 もっと短かったかもしれないですね。
大阪で
発達障害をめぐって
被害児ぬきの
子どもじみた論争してるあいだに
 ―論争にもなってなかったですね。
象徴的な死を
遂げられました。
子どもたちは
この絵本をよく理解し
共感してるんですよね。
 ―発達障害の凹凸なんて
 言ってる専門家は
 神経が大分足りないみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です