大阪市刺青職員110人根っこは君が代無視的アウトロー型PTSD問題

大半は
腕や足など
人目に触れる場所だったそうです。
自由とか個性とか
言いますが
 ―公務員でなければ自由です。
 就職のこと考えないで
 場当たり的にいれちゃったのは 
 PTSD的ですね。
 刺青は
 通過儀礼として
 覚悟してることが
 多かったハズです。
普通の企業に
商談に行って
半袖から
タトゥー見えたら
ギョっとしますね。
 ―PTSD予防が必要です。
事実
発端は
子どもたちに見せて
威嚇してた職員が
いたからですしね。
 ―PTSD問題はヤクザな話です。
 支援者も感染し
 勘違いしながら
 消えてゆきます。
見せることが前提にあり
宗教的理由の人なんか
多分ほとんどいないでしょう。
君が代問題と同じような
PTSD解離性自由の履き違え
でしょうね。
公務員にも
蔓延しているわけです。
発達障害論も
ストレスに弱い
親の
自由の履き違えに他なりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です