DSM5完成前にゲイの反感買ったドナ・サマー死去

歌姫受難の時代ですね。
63歳で
がん死
 ―ストレス性でしょう。
「AIDSは
ゲイに対する天罰である」と発言
ファンの多くが
ゲイであったために
反感を買ってしまい
 ―DSMにもその歴史があります。
 圧力には弱く
 場当たり的に
 主張を変えます。
 DSMもストレス障碍なので
 今治療中ですひらめき電球
1991年
正式に
このデマに対する
否定コメントを記者会見上で
涙ながらに発表しています。
トラウマになったでしょうね。
発言そのものが
【解離】発言なので
幼少期にいろいろ
あったのかもしれません。
祖先をたどれば
すぐPTSDにぶつかる
ハイリスクな
人たちですしね。
だから
ジャズやソウルが
生まれたのでしょうね。
でも
賞味期間が過ぎ
これだけでは
癒されなくなりました。
 ―尾崎豊と同じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です