連続PTSD解離性暴走 脱法ハーブ吸ったら危険運転致死容疑

大阪市福島区で
6日
レンタカーが
商店街を暴走して
2人が重軽傷を負った事件で
塗装工(22)の容疑は
罰則が重い
危険運転致傷容疑に
切り替えて
送検されるようです。
「脱法ハーブを吸って
普通の精神状態ではなかった
「ハーブを吸い
誰かに追われているような気持ちになった」
亀岡の事件は
危険極まりない状況でしたが
危険運転に認定されませんでしたね。
現状から
逃避したかったのだと思います。
祇園の事件も
トラウマ記憶に
 ―過去の事故が死の恐怖
 やっと生還したばかりで
 運転免許を取り上げられたら
 仕事上の死です。
追いかけられ
そこから逃げようとしました。
 ―逃げ方が
 倒錯してて
 おかしいですがあせる
JR宝塚線の暴走も
懲罰教育からの逃避
ハーブを吸って
そういうのが
強化されただけでしょう。
みんな
PTSD解離性暴走です。
PTSDには
抗精神病薬
重度の場合は
運転の禁止が
必要でしょう。

2 thoughts on “連続PTSD解離性暴走 脱法ハーブ吸ったら危険運転致死容疑

  1. 沙彩香

    SECRET: 0
    PASS:
    PTSDは、
    こんなにも認知されてないんですね。
    そう思うと、私はPTSDと解離性障害と
    診断をして下さった主治医に
    当たってまだ良かったのかなと。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >沙彩香さん
    まさに否認の病ですね。
    精神科医でありながら否認しないのは良心的みたいですね。内科医でも否認しますからね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です