生活保護費受給しても生活保護されない大阪西成のPTSD解離性パチンコ依存症患者たち

毎月1日の支給日は
通称「給料日」と
うそぶかれ
区役所前には
9時からの支給手続きを待つ
受給者の長蛇の列ができ
続いて
付近のパチンコ屋に
200人以上の行列ができ
10時の開店と同時に
1円パチンコの席が埋まるそうです。
受給者の何割が
そうなのか知りませんが
 ―本当に必要な人もいます。
 こういうニュースに
 迷惑していると思います。
PTSDで
パチンコ依存症の人に
お金を渡すだけなら
こうなりますね。
 ―すぐ【解離】して
 全体思考ができなくなります。
注意しても
「生活保護で何が悪い」
「貰えるものは貰っておけ」
 ―人には厳しく
 自分には優しく
なんちゃって哲学を豪語されたら
太刀打ちできません。
 ―会話になりませんから。
DVシェルターでは
なかなか受け付けてもらえないですよ。
手引きする人が
いるんでしょうね。
 ―ペタしてくる業者もいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です