教室に出ないので斜線の入った自閉症息子の通知書に傷つくのはPTSD解離親だから

高機能自閉症を抱える
関東地方の
当時小学6年の男児(12)が
ほぼ
全教科の成績を
斜線(評価なし)とする
3学期の通知表を
渡され
 ―毎日登校するが
 クラスの授業に出られない。
 
 通級指導教室は
 週3時間しかないので
 保健室や図書室で過ごしていた。
母親(41)は
「存在を否定されたようで
ショックだった」と話します。
✖とかも同じですが
PTSDの人には
フツーの人より
強烈にこころに響くようです。
象徴が生きてます。
お母さんのPTSD負の連鎖が
見かけ上自閉症という
形を作っているのかもしれないですね。
スクールカウンセラーも
いるのだから
 ―自閉症だから療育の対象と
 考えたり
 場合によっては投薬も必要と
 言うようなタイプはダメですが
 昔の学会誌には
 治療事例がたくさんあります。
 
 最近の心理士が異常なのです。 
心理療法を受けたら
教室にも入れるようになり
自分なりの適応ができるようになると
思います。
 ―こういうのを個性化と言うのであって
 教室に入れず
 通知表が欲しいと言うのは  ☚親だけかもしれないですが
 まだ未解決の状態です。
それとも
スクールカウンセラー制度廃止して
支援学級の内容を
充実させますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です