PTSD否認すれば抗精神病薬の身体副作用で闘病できなくなる仕組み

統合失調症や鬱病などの     ☚PTSD誤診
精神疾患をかかえる人たちは
糖尿病や高血圧
心臓疾患などの
身体合併症を
発症する割合が高いそうです。
原因は
薬の副作用や不適切な使用のほか
運動不足や不規則な睡眠など
生活習慣の問題が
絡んだものです。
 ―薬で脳がやられたら
 (確かに脳障害です)
 行動もおかしくなりますよね。
英国で
昨年9月に発表された
疫学調査では
精神疾患患者の
退院後死亡率
一般人の2倍で
特に
循環器
呼吸器疾患による死亡が
多かったそうですが
日本の
精神科医療は
欧米やアジア各国と比べて
薬の使用量が多く
1つの薬だけでなく
同時に2つ以上の薬を処方する
「多剤大量処方問題」が
ありますから
もっと深刻でしょうね。
産経新聞は
なかなか書きますね。
闘病には
気力&体力&根性が
必要でしょうから
副作用なんか
溜め込んでる場合じゃないです。
まずは精神科に行かないことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です