PTSD解離列車自殺多発のJR阪和線に児童福祉施設の4歳児はねられ死亡の共時性

子どもは
まだ神の子
無意識的な世界に住んでますから
何かを感じるのでしょう。
特に
4歳にして
福祉にかかる
寄る辺ない子は
感性が普通ではないです。
似たような空気を
嗅ぎ分け
 ―未治療PTSDの仲間の
 いる場所
そちらの方向に
フラフラと歩いて行ったのでしょう。
 ―安全対策も大事ですが
 こころをつかまないと
 無理でしょう。
PTSDに配慮しながら
大人がきちんと抱きしめ
こちらの世界に
 ― 問題は多々あるにしても
  一緒に生きなければなりません。
引き戻さないと
だめでしょう。
発達障害扱いされたり
非行少年として
解離性暴走事故起こす人生は
嫌だったんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です