高嶋政伸の睡眠薬副作用がDVの原因と証言したPTSD解離人格妻

妻は
DVの証拠として
音声テープを提出し
「もともと薬を飲まなければ
暴力はしない人」なのに
睡眠薬を飲んで
「お酒を飲んで
挙動が変わって
目つきがおかしくなったから
エプロンのポケットに携帯(電話)を入れて
録音していた」と
証言しました。
テープは
小細工されたもののようですが
 ―あらかじめ
 わざと
 当然怒るようなことをして
 声だけを録音
アクチベーション・シンドロームがあったことを
証言しています。
そして
もともと奇行の多い
この妻にも
医師は
睡眠薬を勧めているのです。
精神科はフツーに
アブナイところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です