永遠のPTSDで終わらないためには「急行でお山の大将にならない」こと

$PTSD研究家翠雨の日記
地球防衛軍のマンガでも    ☚自我防衛
数日前
お山の大将の話が
ありました。
 ―山には
 重要な
 象徴的意味がありますね。
被暗示性が高いから
何にでも飛びつき
火傷して
反省しますが
解離性健忘症のため
ころっと忘れ
同じ間違いを繰返します。
$PTSD研究家翠雨の日記
こういうの見ても
表面的にしか
響かないんですね。
 ―それはただの解離性暴走
$PTSD研究家翠雨の日記
じっくり
見性して
 ―見てたら
 プログラムが
 立ち上がってくる。
まだ波に乗る時期ではないとか
タイミングを
 ―英語ですが
 英語圏の人はあまり使わない
 日本語的秘策
図れば
$PTSD研究家翠雨の日記
トキさんに
受け止めてもらえます。

2 thoughts on “永遠のPTSDで終わらないためには「急行でお山の大将にならない」こと

  1. あ*

    SECRET: 0
    PASS:
    昔から潮が読めたはずです。「熱田津に舟のりせむと月待てば 潮もかないひぬ 今は漕ぎいでむ」(©額田王)
    解離性健忘で学習障害様の症状は困ります。一方、本当の学習障害は、数としては少ないのではなかろうかと疑っています。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あ*さん
    何とぴったりのうた!
    学習障害でっちあげの妙な流行も、潮の流れが変化したのを読んでくれたらよいのですが。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です