腰痛も8割は脳の病気というPTSD否認時代に驚愕

$PTSD研究家翠雨の日記
私の信条は
東洋医学の
この辺なのですが
東洋医学のセンセイが
「腰痛も8割は脳の問題らしいね」と
寂しそうにつぶやいてました。
脳といっても
身体機能じゃなくて
こころというくらいの意味かなと
思い
聞いてますと
他のセンセイ方も
「今は内科はお客さん少ないようですよ」
 ―ご子息が
 なぜか西洋医学を選び
 何科に行くか
 選択中の人が多い。
細分化されて
風邪なら耳鼻科に行くそうです。
 ―そんなので
 医者にかかったことないので
 知りませんでしたあせる
それは私の無知として
驚愕したのは
「精神科が大事」
なんだそうです。
$PTSD研究家翠雨の日記
腰痛も
ほとんどは
心理的な問題と教えてますが
ボヤボヤしてるうちに
脳にすり替えられてるようです。
精神科おそるべし!
今日は疲れたショック!

2 thoughts on “腰痛も8割は脳の病気というPTSD否認時代に驚愕

  1. あ*

    SECRET: 0
    PASS:
    解剖したら「ヒト」としての全人的な機能とその不全は逆に、どんどん見えなくなります。その点に気をつけるように戒めるのが「病気を診ずして病人を診よ」(©高木兼寛)だったと聞いておりましたが、私の勘違いだったのでしょうか。
    医療の将来は、心身一体科学と予防医学だと思っていたのですが、変ですね? それとも変なのは私でしょうか?

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あ*さん
    解剖して決定的なものを示せるならまだよいですが、「(原因は)脳らしい」と卑怯な逃げを常套とするのですから、論外です。それを聞いて不安に思う東洋医学も気概がなさすぎです。
    昨日は驚愕して怯んだけど、叱咤激励してゆこうと思っています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です