マイナリさんの「最高に幸せ」PTSD否認でっちあげうつ病のヒトビトにも

$PTSD研究家翠雨の日記
東京電力の
 ―会社の体質の象徴的問題だと
 思います。
女性社員殺害事件で
 ―別にいる犯人が悪いのですが
 そこに引き寄せられたのは
 ヒステリー(PTSD)であり
 発達障害や
 (頭脳明晰)
 躁うつ病のせいではありません。
(二重人格に見えますが)
 
逮捕され
15年間刑務所に入れられていましたが
 ―これほどの絶望があるでしょうか?
再審開始決定を受け
釈放された
ネパール人の
ゴビンダ・プラサド・マイナリさん(45)と
お母さん(79)です。
よい写真ですが
国家的犯罪なのに
謝罪の言葉が記事にないですね。
刑務所での待遇を聞かれた
マイナリさんは

「刑務官から
ずっと暴行を受けていた」
「非常に扱いは
ひどかった」と
批判しました。

安全なネパールから
もっと発信して欲しいです。
そして
これは精神科問題とも
似てます。
 ―そもそも服薬が暴行です。
 廃人コースを指示するのは
 監獄に入れることです。
こういう笑顔と祝福が
あちこちで生まれたら
いいですね。
 ―家族とではないと
 思いますが。
 だって父親が子どもを
 児童精神科に行かせるんだから。
できるハズです。
勇気をもらったので
私もがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です