沖縄慰霊の日「絶対生きろ」PTSD否認のうつ病治療やがん治療からは投降しましょう

沖縄戦の体験を語る
ある女性は
「女、子供に
敵は何もしないから
君たちは
最後は手を上げて出るんだぞ」
 ―ジブリ作品にも
 「生きろ!」というのは
 ありましたね。
知事から
掛けられた言葉を胸に
戦後67年間を
生きてきたと言います。
今は
病院が
 ―人によっては
 家庭や
 職場が
戦場です。
 ―かつて戦った国は
 医療や企業として
 参入しています。
 もしかしたら
 集合的無意識の記憶が
 暴走させているのかも
 しれません。
こどもの情緒障害や
マタニティブルーなど
女性の不定愁訴は
早いうちに
投降すれば
身体障害や
解離自殺を防ぐことが
可能です。
毒ガスの空爆から
まず逃げましょう。
そして生き抜きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です