胃ろう指針にも意識変化の風潮だがPTSD否認の精神科は治療をやめない

高齢者は
死期が近づけば
だんだん食べなくなります。
 ―若い人が
 魂の死と再生をするときも
 拒食症になります。
死ぬ準備なんだし
 ―若い人は
 文字通りの
 即身成仏
食べないと
快楽物質が出て
楽にあの世に行けるのです。
 ―自然治癒力の足を引っ張る
 西洋医学
 活かす東洋医学
それを
本人の許可もなしに
お腹に穴を開けて
薬や水や栄養を注入し続けるのは
暴力的だと思ってましたが
最近の調査で
最初からしなかったり
途中で中止する医者も
2割くらいいることが
わかりました。
精神科やがん治療も
相手をしっかり見て
常識的感覚や良心で
判断して欲しいですね。
とりあえず空爆のような   ☚とりあえずビールビール
 ―年々つのる罪悪感を
 投影してるから
 こうなるのかな。
投薬ありきですから
アブナイ世界です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です