客室乗務員も一皮剥けば芸舞妓 PTSD否認のままでは改革は無理

$PTSD研究家翠雨の日記
新調された
お揃いの浴衣で
お祓いを受けに行く
京都の
舞妓さんや芸妓さんらしいです。
ふと
客室乗務員を思いました。
日本のスチュワーデスさんは
特殊だと思いますが
 ―きちんと感が強い。
こういう
伝統文化の流れにありますね。
 ―きちんときれいに
 規律を保ちます。
西洋的か日本的かの違いであって
精神は一緒です。
日本のキリスト教信仰も
そんな感じですよね。
要は
誰が行うかという
問題ですね。
PTSD否認のままでは
改革は
絵に描いた餅でしょう。
 ―これも本来は
 よい意味だったのですが
 意味が変質していますあせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です