大津中2いじめ自殺とフクシマ甲状腺被曝認める PTSD否認朝日新聞一面

$PTSD研究家翠雨の日記
朝日新聞の
一面に並んでます。
キューブラー・ロスの
理論のように
驚愕すべき事実
一般には
なかなか受容されず
否認され
怒りを表現したり
妙な取引きしてみたり
落ち込んだりする
過程が必要のようです。
★いじめ自殺の場合は
市長さんがよかったですね。
 ―いじめの経験があり
 まっすぐな方です。
しかし
被告の少年3人は
事実を【否認】
「仲良かったわけだし
 遊びだった」
大人の入れ知恵なのか
 ―さる並の浅知恵
PTSDで解離の最中にしでかした
(無意識)
殺人に驚愕しての
反応なのか
 ―もともと気弱で
 不安な3人は
 ヒステリー的なウソで
 つながって
 自分を保っているのでしょう。
 宗教みたいなものです。
病的です。
 ―少年院での矯正ではなく
 PTSD心理治療が必要です。
★政府の原子力災害本部は
「誤差が大きく
不安を招くから
今後も通知しない」との詭弁で
まだ逃げてます。
子どもたちの不安を受け止める
こころのケア
(PTSD予防)よりは
自分たちの情けなさや罪悪感
不安を持て余し         ☚無自覚で保つ
【投影】し
【合理化】しています。
 ―ちっとも合理的じゃないですが
 精神分析ではそう呼びます。
事実を認めるのは
大変なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です