特別支援学級だからベテラン教諭によるPTSD解離性精神科ごっこのスペシャルイジメ

大津の市教委も
エライことになってますが
神戸市教委も
エラいことを
発表しました。
知的障害のある
特別支援学級の
男児(11)に
60歳の男性教諭が
★頭を小突く
 ―薬で
 脳内小突いて
 おとなしくさせます。
★刃物を見せながら
「お腹を切って
 (給食)入れた方が
早いんとちゃうか?」
 ―胃ろうですか?
★「おじいちゃん」と呼び
 ―胃ろうもそうですが
 自分の不安問題を
 【投影】してます。
 「もう(やめて)」には
 「もー太郎」
★針金を突きつけ
 反対側をコンセントに近づけ
 感電させるフリ
 ―電気ショックですか?
校長に注意されても
父親に謝罪しても
やめられなかったのは
「深く考えずにやった」から
だそうです。
【解離】って言うんですよね。
ノリは
いいんですが
アブナイんです。
個性じゃなく
ビョーキですから
免職は正しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です