覚醒剤逮捕で生活保護費を打ち切る残酷なPTSD否認社会の問題

旭川市で
2011年度
生活保護を受けていた
9人が
覚せい剤取締法違反容疑で
逮捕され
保護費の支給が
停止されています。
男性5人
女性4人で
このうち40代の女性1人は
1年間に
2度逮捕されていますから
完璧依存症です。
生活保護制度も
PTSDを観点に入れ
 ―依存症はPTSDです。
治療しないと
 ―精神科にかかっている人も
 多いですが
 うつ病とか
 精神分裂病として
 通院しています。
 これも薬チューです。
 ホイットニー・ヒューストンさんのように  ☚変死
 お酒と精神科の薬と
 違法麻薬を使うようになります。
 (医者の真似して自己処方)
成り立たなくなります。
 ―お金もなくなり
 薬もないと
 悪化し
 自殺&犯罪リスクも高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です