大津中2いじめ自殺訴訟でPTSD否認破綻し和解へ

両親が
市や加害者とされる同級生3人らを
相手取り
損害賠償を求めた訴訟の
第2回口頭弁論があり
いじめ自殺を否認していた
市側は
近く設置する
外部調査委員会の結果を待って
いじめと自殺の因果関係を認める可能性が高い」とし
和解を探る方向を
初めて示しました。
PTSDを否認すると
話が認知症のようになります。
あまりの異常事態に
こころのケアも復活
PTSDを否認しきれなくなりましたね。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です