姉殺害の発達障害男性(42)PTSD否認で危険すぎるから精神病院じゃなくて刑期拡張

大阪市平野区の
自宅で
昨年7月
姉(46)を刺殺した
無職男性(42)の
―小学5年のころから
 約30年間引きこもり状態  ☚PTSD
 生活の面倒をみていた
 姉に逆恨みを募らせ    ☚こういうのもPTSD
 包丁で執拗に刺して殺害
裁判員裁判で
大阪地裁は
犯行の背景に
アスペルガー症候群
影響があったと認定した上で
「家族が同居を望んでいないため
障害に対応できる受け皿が社会になく
再犯の恐れが強く心配される。

許される限り長期間
刑務所に収容することが
社会秩序の維持に資する

として
検察側の懲役16年の
求刑を上回る
20年を言い渡しました。
PTSDを否認したら
精神病院で薬漬けと
相場が決まってましたが
 ―治療じゃなくて拘束
刑務所への
治療的入所も
増えるかな。
 ―非行少年という名の
 PTSDと同じで
 反省求めるのは
 治療的ではないですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です