『聖痕26』 PTSD克服の過程の1つとしての【受胎告知】その象徴的意味

幼稚園のクリスマスの
催し物で
主人公の男児は
 ―PTSD予防中
『受胎告知』に出てくる
大天使ガブリエルを
演じることになりました。
大天使ガブリエルが登場するのは
ルカ伝だけだそうで
それなら
『古事記』の天孫降臨みたいな
意味があるのでしょうね。
 ―日本人の解釈する
 キリスト教ですから
 『古事記』風に
 展開する可能性があります。
「めでたし
恵まるる者よ。  ☚感応道交が自己実現
主       ☚セルフ
なんぢと    ☚自我
偕にあり」   ☚こころにある降臨の階段です。
マリアが聖霊によって
イエスを身ごもるというのは
科学的には
説明がつきません。
文学的
宗教的
哲学的な
心霊上の事実です。
そして
変質者によって
現実に去勢された男児が  ☚フロイト的
これを演じさせるとは
 ―中国や韓国の
 宦官みたいでもありますね。 ☚子どもの時に去勢
なかなか
象徴的な出来事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です