駅のトイレにPTSD解離性新生児遺棄

静岡県の
JR焼津駅の
女子トイレで
生後まもないとみられる
赤ちゃんの遺体が
見つかりました。
自殺が多いなら
こういう事件も
多いでしょうね。
自分と子どもとの
区別が
あいまいな
解離人格ですから
子供時代の自分を
自殺させている
意味もあると思います。
ならば
産まねばいいというのは
またフツーの感覚で
そこは
本人が場当たり的だったり
DVの被害者だったりしますからね。
しかし
トイレとはひどいですね。
 ―そのくらいキレないと
 遺棄はムツカシイというのも
 あるのでしょうが。
とにかく
学校でしっかり
PTSD予防教育をしないと
ダメですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です