大津中2いじめ自殺隠蔽教育長襲撃のPTSD大学生も無差別殺人傾向アリ

市役所の
教育長室で
教育長(65)を襲った
さいたま市在住の
私立大1年の男子学生(19)は
問題の
中学校や
市教委の関係者
加害同級生らの名前などを
記した
手書きのメモを持っていたそうです。
まずは
怒りありきで      ☚私憤
対象に何らかの
ダメージを加えたかったようです。
PTSD特有の
気がすまないためで
 ―気の病
気が済むなら
誰だってよいのです。
 ―少し無差別的なところがあります。
いじめは犯罪だから
隠蔽したら
私怨やリンチ(私刑)で
大変なことになると
社会は学習すべきでしょう。
PTSD解離人格が
 ―発散されない
 トラウマのエネルギーを秘めている。
ネットで見てますから
先にルールを破るのは
アブナイのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です