大阪で府立高校3年生がマンションからPTSD解離自殺 無意識の意図は?

遺書はなく
自宅のベランダから
転落
警備員さんが通報し
運ばれた病院で
亡くなったようです。
瀕死だと
理解されたら
 ―悩んでいても
  瀕死に見えなかったり
  するんですよね。 
「おいしっかりしろ!」
「大丈夫か!」と
真顔で
無条件に
救出されますね。
 ―消えかかる意識の中で
 (苦しかったと思います)
 癒しがあったのかもと
 ふと思いました。
哀しい話です。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記咄嗟に歩み寄る海ちゃん
よくも悪くも
人間のこころにある
魔境に迷い込むことが
伝統のなかにはあるから
 ―如人千尺懸崖上樹
人間関係が
ガラリと変わって
 ―悪の組織に入るとかいうのではなく
人生が展開し始めるような
方法があるのだと思います。
 ―死ぬような思いはしますが
 そこから本当に学んで
 癒しが起こり
 人間が大きくなる。
自殺は
次元の違う解決法で
アクティングアウト
【解離】になります。
そういうことを
どこかで
教えないといけないんだと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です