李明博大統領「感情的に反応せず」PTSD解離発言控えると宣言

日本に詳しい
韓国人
有識者5人を
大統領府の朝食会に招いて
非公式に意見交換したそうです。
 ―いつも
 こういうのを基本にしないと
 単なる暴言になりますね。
 空気を読めない
 未治療PTSDによくある話です。
出席者に
「感情論に走っても
両国にとって得るものはない」と指摘され
「日本の反発に
私自身は
いちいち感情的に反応せず
外交通商省に任せることにしている」と
述べ
対日問題での言動を控える考えを
示したそうです。
謝罪要求発言については
日本で最も尊敬されているから
(天皇陛下がとは言わず)
訪韓してお言葉を述べれば
容易に解決されるという意味だったと
言います。
 ―まだまだ問題のある発言ですが…。
少し前のニュースでは
天皇ではなく
日王と書いたりもしていたし
 ―知らないはずはない。
コンプレックスと
そこからくる軽い攻撃性が
やはり透けて見えます。
韓国ドラマを見ていると
王のことを
「ジョナー」「ジョハー」と呼ぶ時代と
「ペハー」と呼ぶ時代が
あるようです。
外国から
「皇帝と言うな!」と釘を刺されたり。
 ―中国の属国だろうと
  圧力をかけられている。
  韓国は苦労してきたのです。
なのに
日本は皇帝どころか
天皇という名称を
堂々と使うのです。
 ―陰陽五行説に則り
 北極星の象徴とか言って
 本家中国にすらない
 理論発展です。   ☚これが日本的
言葉や歴史抜きに
PTSD問題は
 ―戦争PTSDがあるのですから
解決しません。
対話が大事ですから
解離で溝をつくるのは
極力控えねばなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です