女子柔道部員に性的暴行のPTSD解離金メダリストに懲役5年の実刑

九州看護福祉大
元コーチで
アテネ
北京両五輪の
柔道男子66キロ級金メダリスト
内柴正人被告(34)に対し
東京地裁は
求刑通り
懲役5年の実刑判決を言い渡しました。
ショックを受けたようですが
 ―その反応がどうも
 感情を極度に発散してしまう
 解離人格っぽい。
控訴するようです。
被害者は
裁判の場面でも
嘘ばかり言われて
二度傷ついたけど
被害が認められて
よかったと語っています。
 ―本当は弁護士とは別の
 治療が必要だと思いますがね。
最近の柔道には
PTSDを発症させる
何かがあるのかもしれません。
ヤワラちゃんに
分析と対策をお願いしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です