トーマスは拒否されPTSD解離ストーカーになったと母親も自覚

「拒否されて
ストーカーになった
息子へ」
そう明かしています。
今や
常識ですね。
「拒否したらダメ」
 ―『拒否しないでほしい』
「トーマスは悪くない」
 ―『解離しても許してほしい』
そんなこと言って平気なのは
本人たち
 ―ひとりのトーマスの影に
 たくさんのトーマス
 一即多
だけでしょう。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
図星過ぎたら
否認が起こるから
可愛そうなところですが
他人のふり見て
我がふり直さず
犯罪には
『飛んで火に入る夏の虫」
便乗してしまう
態勢です。
これをやめないと
坂道がどんどん急になるから
書いてるだけの
普通の人には当たり前の
話ですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です