就活中の2割が自殺を考えるPTSD時代

就職活動をした
学生のうち
2割が
活動中に
本気で自殺を考えたそうです。
NPO法人
「自殺対策支援センターライフリンク」が
調査し
「周囲が内定する中で
不採用が続き
極度の不安・緊張状態に
置かれれば
うつ状態になり
自殺を考えてもおかしくない」と
分析しています。
ストレス性の
うつですね。
キューブラー・ロスも
大変な状況の
受容の前には
うつが来ると
言っていました。
 ―うつ病ではありませんから
 SSRIは危険です。
昨日書いた
マツコ・デラックスの
経験なんかも
 ―どん底を
 超えたから
 バイタリティと個性がある。
盛り込みながら
PTSD予防教育を
する必要があると
思います。
調査に答えただけでも
少し
ケアされたところが
あるのではないでしょうか。
 ―言わせない風潮があるから。

2 thoughts on “就活中の2割が自殺を考えるPTSD時代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です